12月は名前がかわいすぎる「毛皮のコートを着たニシン」

ロシアやウクライナなど東欧で年末になると食べるのが「毛皮のコートを着たニシンСелёдка под шубой(セリョートカ・ポド・シューボイ)」。ビーツを茹でてスメタナと和えたものやジャガイモ、卵、人参などの美味しくキレイな野菜を層にして酢漬けニシンに重ねまとわせた、ネーミングも見た目もかわいくてインスタ映え間違いなし!のひと皿です。クリスマスっぽいカラーリングとも言えますよね? 前菜として登場いたします。酢漬けニシンの酸味・ビーツの香り・玉ねぎの甘みなどのハーモニーをどうぞお楽しみください。

20171130_017.jpg

2017年11月30日

 11月は寒い国から来たスープ・ボルシチ

いつのまにか秋も深まり根菜が美味しい季節。那須高原には「お届けマルシェ」という農家さんたちのグループがあり、当館でもフレッシュな野菜を供給してもらっています。11月は旬を迎えた地もののフレッシュなビーツ(Свёкла:スビョークラ)をたっぷり使ったロシア・ウクライナの名物料理ボルシチをご用意いたしました。

2017-10-30 11.55.501.jpg

圧力鍋でじっくり煮込んだビーフの出汁とビーツや人参、玉ねぎなどの旨み・香りがあわさり、とっても美味しいひと皿になっています。ディルやスメタナ(自家製クリーム)と混ぜ合わせてお召し上がりください。コースの中のスープとして登場いたします。

2017年10月30日

 10月はローストパンプキンと生ハムのサラダ

いよいよ10月、秋も本番ですね。いつの間にかハロウィーンも日本に定着し、収穫を祝ってカボチャも飾りに食材にと大活躍。そこで今月は、カボチャサラダを本場欧米スタイルの食べ方・ローストにしてご提供いたします。オーブンでじっくり焼き上げたカボチャは味が凝縮されて素材そのものの美味しさが味わえます。イギリスの有名シェフ・オリバー氏のレシピを参考に、生ハムや豆類、ナッツ類などとクリームを合わせた華やかなひと皿に仕上げました。

20170930_027.jpg

2017年9月30日