12月は名前がかわいすぎる「毛皮のコートを着たニシン」

ロシアやウクライナなど東欧で年末になると食べるのが「毛皮のコートを着たニシンСелёдка под шубой(セリョートカ・ポド・シューボイ)」。ビーツを茹でてスメタナと和えたものやジャガイモ、卵、人参などの美味しくキレイな野菜を層にして酢漬けニシンに重ねまとわせた、ネーミングも見た目もかわいくてインスタ映え間違いなし!のひと皿です。クリスマスっぽいカラーリングとも言えますよね? 前菜として登場いたします。酢漬けニシンの酸味・ビーツの香り・玉ねぎの甘みなどのハーモニーをどうぞお楽しみください。

20171130_017.jpg